施設警備員に守られる日々|ホッと安心の防犯生活

プロに守ってもらう

スーツの女性

ガードマンとはどんな職業なのでしょうか。よくボディーガードなどと耳にするでしょうが、これはガードマンのことです。普通にガードマンを解釈すると警備員になるでしょう。

詳細へ

有効な方法

住宅

セキュリティの向上を目指す上で防犯フィルムは有効ではありますが、単に貼れば良いと言った考えではその有効性を発揮出来ない様なケースにもなるので注意が必要となるでしょう。

詳細へ

トラブルを解決

一軒家

玄関の鍵を外出先で紛失してしまった、車の鍵を閉じ込めてしまった、金庫の鍵や暗証番号を紛失してしまったといった際に頼りになるサービス業者、それが鍵屋です。利用していきましょう。

詳細へ

意識を高める

警備員

知っておきたい豆知識とは

防犯意識は近年高まり続けています。 それにともない、鍵もどんどんと進化を遂げてきているのです。 そのため現在では、種類も非常に豊富となっています。 鍵自体が複雑化したのは勿論ですが、近年は鍵の無いものも出てきているのです。 つまり鍵を他の物に置き換えたタイプのものです。 その代表とも言えるのは指紋認証でしょう。 指紋は一人一人違いますので、他の人は開けられない究極の鍵となります。 また、指紋だけではなく顔や目、声を使用するタイプのものも存在しています。 こうしたタイプのものならば、鍵を失くすリスクもなくなるのです。 ですので、失くすのが心配な場合には、こうしたタイプのものを選択することも可能となっているのです。

失くした時のための役立つ工夫とは

どんなに普段注意していても、鍵を失くしてしまうことはあります。 そうした場合には、開けてもらうために鍵屋を利用する人も少なくありません。 しかし近年では造りが複雑化してきているため、専門家でも開けられないタイプのものも増えてきているのです。 しかもそうしたタイプのものは製造元へ依頼しても、防犯上のこともあるので複製を造るまでに様々な手続きや時間がかかることも少なくありません。 そこで利用したいのが、鍵屋への事前登録です。 これは登録しておくと、いざという時のために合鍵を保管しておいてくれるサービスです。 これを利用すれば、もしも失くしてしまった場合でもすぐに届けてもらえます。 管理もしっかりとしていますので、安心して利用することが出来るサービスです。また、施設警備員の有効活用も大事です。 施設警備員を始めとするプロに守ってもらうことで、事件を未然に防ぐことに繋がるでしょう。